トップページ

    このサイトでは中古マンションの簡易査定におすすめの不動産一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「中古マンションの査定シミュレーションができるおすすめの不動産一括査定サイトはどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの不動産一括査定サイトを利用してみてください。

    中古マンションの査定シミュレーションを依頼してあなたが所有しているマンションを高く売るために必要なことは、「複数の不動産会社に中古マンションの査定を依頼して、その査定額を比較検討する」ということです。
    手間や時間を惜しんで、1社のみに査定をお願いしたり、知り合いに紹介してもらった不動産屋で査定をしてもらったりというのは確かに手間はかかりませんが、不動産業者間での競り合いが起きないので間違いなく損をします。

    ですが、不動産一括査定サイトなら査定シミュレーションも完全無料ですし、入力も簡単。複数の不動産会社から提示された査定額を比較することができます。
    「今所有している中古マンションの査定額を比較して高く売りたい」と思っているなら賢く活用したいサイトです。
    中古マンションの査定シミュレーションから売却というのは大きな金額が動くイベントなので、所有している中古マンションをできるだけ損しないように適正価格で売却して、そのお金を将来のために有効活用してください。
    マンションナビ

     マンションナビは、サービス名から分かると思いますがマンションを専門としているマンション売却の査定サイト。中古マンションの査定シミュレーションをするのに必要な入力も最短45秒で済みますし、パソコンやスマホを使って自宅から簡単に依頼することが出来ます。

    マンションの査定を専門とするサイトなので、マンションの売却が得意な不動産会社が加盟していて、大手や地域の企業を含む登録企業700社以上の中から厳選した不動産会社を最大9社紹介して貰えます。年間利用者数も360万人越えで、数多くのメディアにも紹介されている人気のサイトになっているので、「自分が持っている中古マンションを極力高く売却したい」と思っているのなら試してみて欲しいサイトです。

    また、他の査定シミュレーションサイトと違う部分として賃貸した場合の査定にも対応している為、「長い期間マンションから出るけど、将来的には帰ってくるので売ってしまいたくない」と考えている人にもお勧めのサービスです。






    イエウール

     イエウールは、他の不動産の一括査定サービスサイトと比べると比較的新しいサービスにはなりますが、加入している不動産会社は1500社以上と非常に多いところがおすすめできるポイントです。
    実際に中古マンションの査定シミュレーションで使ってみたユーザーからクレームの多い不動産会社はイエウールから契約を解約する事ができるようになっている為、評価の悪い不動産会社を排除する事ができ、優良な不動産会社だけを残すシステムになっているのです。

    大手の不動産会社から地元に密接した不動産会社まで手広く加入しているので、「今所有している中古マンションをできる限り高く売却したい」と思っているのならおすすめしたい一括査定サービスです。

    査定シミュレーションに必要な入力も1分もあれば申し込みができるほど簡単で、最大6社に査定依頼ができ査定額を比較することができます。もちろん、中古マンションの査定シミュレーションは全国対応で利用は無料です。今勢いのあるサービスなので、これからどんどんユーザーが増えていくと思われます。






    イエイ

     イエイは、サービスを開始してから10年以上経過していて、400万人以上の方のご利用実績のある不動産の一括査定サイト。長年にわたる実績があるので、登録している不動産会社も1000社を超えており、最大6社から出される不動産の査定金額を比較する事ができるのです。

    もちろん、悪徳企業は完全に排除。長期にわたる不動産売却で培われたネットワークがあるので、厳選した高評価の不動産会社だけが登録されています。
    大手の不動産会社は元より、地元に特化した不動産会社にも中古マンションの査定をして貰うことが出来るので、中古マンションの査定シミュレーションをして情報を集める為には活用する価値のあるサービスです。

    公式サイトには実際に不動産を高く売ることが出来た利用者の声と査定価格も開示されていますので覗いてみてはいかかでしょうか。






    スマイスター

     スマイスターは、サービス開始から10年以上運営されている不動産売却の査定サイト。個人情報の取り扱いにも注力していて、プライバシーマークの認定を受けている企業なので安心して利用することが出来ます。利用している方の数は400万人以上で、参加している1400社以上の不動産会社から最大6社に査定依頼が可能です。

    「中古マンションの売却は会社によって百万単位の差があると知ったので、損をしないように査定シミュレーションをしておきたい」と思っているのであれば、1社だけでなく数多くの不動産会社に査定を依頼する事ができる一括査定サービスを利用してください。
    公式のサイトでは入力時間最短45秒で最大6社の不動産会社の査定価格を比較できるのでお勧めのサービスです。

    スマイスターの査定シミュレーションを利用して不動産会社とのご契約後、ちょっとした電話取材に協力すると5000円分のギフトカードが貰えるキャンペーンを実施しています。






    スモーラ

     スモーラは、全国のマンション、一戸建て、土地の査定相場がサクッと調べられる中古マンションの査定シミュレーションで人気の一括査定サイト。中古マンションの今の売出価格を今までの莫大な成約事例から独自の計算ロジックで算出します。

    参画している不動産会社は全国にある優良企業2500店舗を厳選し、売買で6社、賃貸で3社の最大9社から中古マンションの査定金額を出してもらえます。しかも、全国対応で査定シミュレーションの利用料は完全無料。

    中古マンションの売却査定を依頼するのもシンプルで、査定したい中古マンションの情報と連絡先を入力するだけの45秒無料査定なので、「生活環境が変わって中古マンションの売却を考えているけど、どの不動産会社にお願いすればいいのか分からない…」と思っているならぜひ使ってみてください。

    スモーラ(smoola)の公式サイトでは、実際に中古マンションの売却に成功した「この金額で売却することができました!」という成約事例が掲載されていますので、一回確かめてみてはいかがでしょうか。






    不動産売却コラム

    人それぞれの事情があって現在まで暮らした我が家を売るのでしょうが、思い立ってから決断に至るまでには険しい道があったでしょう。

    それに、一度下した判断で後悔するか、良い将来に結びつけるかは、自分自身の気持ちのあり方で左右されるはずです。

    引越し先を決めたり、家財を整理することからはじまり、処分すべきものと持っていくものを決めていきます。

    面白いもので身辺の整理が進むと気分がすっきりしてくるものです。

    自宅売却の効能はいわゆる断捨離も同時にできてしまうことでしょう。

    住宅売却を考えているのでしたら、まず不動産相場というものを知る必要があります。

    大枚を払って購入していたとしても、不動産の価格はまさに水物で推移します。

    バブル期なら値上がりあるのみでしたが、新築ですら1年2年と売りあぐねる傾向ですので、希望通りの価格で売れることは殆どありません。

    相場は市場をリアルに反映しています。

    よく確認し、買い手の購入候補になり得るような妥当な価格にしたほうが良いでしょう。

    実際には不動産一括査定サイトなどで相場を知る人が多いようです。

    普通に中古市場で住宅を売る際は、仲介する不動産会社を選び、家の評価額を査定してもらい、販売する価格を決めて、媒介契約を結び、実際に売出し開始、内覧予約が来て、購入を希望する人と詳細を詰めて、ようやく売買契約となり、引渡しと代金の精算を行い、売買が終わります。

    気になるのは売却終了までの期間だと思いますが、販売開始から買手が決まるまでの期間にもよりますし、居住中なら引越しも勘案しなければなりません。

    買手がつかなければ仲介業者との契約は3ヶ月で終了しますから、もう一回仲介契約して約6ヶ月というところでしょう。

    売却する物件がマンションの場合は、以下の二つの条件から査定額を決定するようです。

    その一つが、地理的環境に関するポイントで、一般的に景観を含めた周辺の様子、交通が不便ではないか、生活に即した施設が充実しているのかなど、物件の建つ場所に対するチェックです。

    さて、もう一方がマンション自体に対する評価です。

    一般的には、築年数はもちろん、間取り、設備、階層、共有スペースの状態、あるいは周りの騒音や振動の有無、部屋の方角や日当たり、セキュリティー部分です。

    こうしたポイントを一つ一つ細かく確認してマンションの査定額を算出します。

    マンションが売却されてから出てくるケースの多いクレームは、瑕疵担保責任に関わる事柄です。

    通常行われる通りのチェック時にはわかることがなかったものの、のちに欠陥及び破損が見つかると、それに対する責任を負う必要が出てくるのです。

    ところが、新たにそこに住むことになった人が破損したのにそれを隠して、売り手に責任を押し付けることもあるようです。

    利害関係のない第三者を立ち合わせ、撮影しておくと画像として残すことで無意味なトラブルに巻き込まれずに済みます。

    もし一定期間内に売却の見込みが立たなかった際、業者が家を買い上げてくれるのがいわゆる不動産仲介業者による買取保証システム(買取保証制度)と呼ばれるものです。

    媒介契約時に設定していた価格で買い取るので、金銭的な見通しは明確になりますが、中古市場の相場と比べると安くなるのは否めません。

    そういったシステムがない業者もありますし、あっても顧客の要望がなければ付かないオプションですから、自分の目的に合っているかどうかよく考えて付加するようにしましょう。

    不動産物件をすぐに使えるお金にできることが、家を売った場合の最大のメリットだといえます。

    さらに、売却物件にかけていた保険料、住宅ローン保証料は、残期間分が返ってきます。

    これは売買取引が終了した際に向こうからは返してはもらえないので、手続きを自分からしなければなりません。

    売ることが決まった際は、すぐに契約している会社に連絡を入れると忘れずにすみます。

    新居の購入を決めて住宅ローンを組んだ場合、ローンの貸付は家が建築されてから始まることが普通です。

    すなわち、注文住宅を購入してからそれが完成するまでの間に請求される費用(例えば工事の着工金など)は自力で必要額を用意しなければなりません。

    それまで住んでいた物件の売却金を使える場合は大丈夫ですが、売却成立前では間に合いません。

    つなぎ融資はそうしたケースに対応すべく短期の貸し付けを行います。

    何か特別な事情でもない限り、不動産売却に伴って想定しうる不都合は、徴収される税金についてのことくらいだと言われています。

    もっとも、住み替えのために売り渡そうとする場合には、売主が不利な局面に立たされる危険性があります。

    売買契約が成立するものと信じで、新しい家の購入資金が欲しい状況なのに、いくら待っても購入を申し出る人が出てこずに計画では入手するつもりだった代金が用意できなくなると言ったことも考えられます。